晴れときどき曇り

感じことをつらつらと。

髑髏城の七人〜上弦の月〜

出来たと聞いた時からずっと気になっていた360度シアター。劇団☆新感線も好きだし、役者さん達も好きな人ばっかりだし、チケットとれてよかった〜♫

 

 

8mだっけか、でっかいスクリーンに映像映し出されて始まって、スクリーンが開いてセットが出てきたり、座席が回転したり、舞台ってよりはアトラクションみたいだった!

歌とダンスもあってミュージカル要素もあったし、広い舞台をめいっぱい使って殺陣してたし、映像も照明も音響もこれでもかってぐらいに使ってるし、エンターテインメントの塊って感じ!

 

 

 

ストーリー的には、織田の最後を看取った天魔王が、一緒にいた自分じゃなくて最後まで蘭丸のことを気にしていたから嫉妬。そして「蘭丸より俺を見て!俺が信長の意思を継いで天下とるんだ天魔王として!」って髑髏党を結成し関東に陣どる。天下とりのため関東から大阪(秀吉)を潰そうとする。秀吉の時代になり平和に向かっていたのに、また戦乱の世になってしまう!それを阻止するために頑張るのが捨之助率いる7人組。って感じかな〜

 

蘭兵衛が森蘭丸だとわかった瞬間、鳥肌立っちゃった!なにせ戦国鍋TV大好きなもので、信長と蘭丸の組み合わせには反応してしまう…(笑)

 

それはさておき、

良いシーンばっかりだったな〜

 

 

 

殺陣がほんとにカッコいい!広い舞台を縦横無人に駆け回る出演者達!3時間越えの舞台で2/3ぐらいは殺陣シーンだったと思う。それを狂わずやりきる彼らはスゴすぎ!長い髪とか着物とか動きづらいだろうに、逆にそれらを利用してカッコよさを出したり、優雅さを出したりほんとにすごい!!天魔王の所に向う時、捨之助が切って贋鉄斎が磨ぐのを上手くいくようアシストする霧丸、この3人の連携プレーもめちゃくちゃかっこよかった!

 

殺陣だけじゃなくて、演技も流石でした。愛すべきキャラ達の多いこと。兵庫のお父さんキャラ良すぎた!題名の7人の中にお父さんが入ってることに驚いた!完全にちょい役かと思ってたのに戦うんかーい!予想を裏切られた、脚本最高かよ✨あと贋鉄斎も面白かった。おじさん2人のパートは必ず笑ったね(^^)

兵庫×極楽太夫のやりとりもよかったね〜単純な兵庫可愛すぎ♡殺陣のシーンもかっこいいだけじゃなくて、面白さもあってよかった!

福士蒼汰と三浦翔平はキレイすぎたね。テレビでも爽やかなのに、生でみたらもっと爽やかだった(笑)

早乙女太一の演技は圧巻だった!声色とか仕草とか、もうね完璧!強弱が上手すぎだね〜ぐんぐん観客を引き込んでく感じがすごかった!

 

 

 

最後の挨拶もよい!

完全に360度の良さを生かしてる。

各セットに出演者達が立ってて、それぞれのキャラが挨拶していくんだけど、座席が回転するから映像が流れていくような感覚になる。映画とかのエンドロールって感じ。一瞬舞台観てること忘れたわ(笑)

 

 

 

3時間越えの長丁場だったけど、時間を感じさせないくらい引き込まれるし、まだまだずっと彼らの活躍を観ていたいって思わせられる舞台だった!

出来ることなら下弦も観たいな〜

同じ内容でも演じる人によってまた違う髑髏城の七人になるんだろうな。下弦も取らなかった自分バカ!

 

ほんとに大満足な舞台でした。