晴れときどき曇り

心の声とか独り言

1人になると。

 

学校が終わり、夕方の少し薄暗い部屋に帰る。

 家賃は結構安いけど、田舎だからか値段の割にはいい部屋。初めての小さな我が城は、なかなか気に入っている。

 

大学に入学し、念願の1人暮らし。

何かと口うるさい親もいないし、夜遅くなっても怒られない。夜中にコンビニだって行ける。家事全般を自分でこなさないといけないのは面倒ではあるが、実家で手伝わされていたからそれなりに出来るし、困っていることは特にない。むしろ料理なんかは自分の好きなものに挑戦できるから楽しい。そんな訳で、ホームシックとも無縁だ。

 

憧れていたキャンパスライフ。

校内を歩くだけでたくさんのサークル勧誘を受けた。ゆるいサークルを掛け持ちし、気が向いたら活動に参加。帰宅時間を気にせず友達との宅飲み。図書館でパソコンと格闘しつつレポートを仕上げる。大学で知り合った人たちはみんな良い人ばかりで、友達もそこそこ出来た。

入学して日は浅いが、大学生っぽいことが結構出来ていると思っている。

 

 

 

何ひとつ問題のない生活。

これって良いことだと思う。

 

 

 

でも、問題のないかわりに刺激もない。

 

 

 

新しい生活に慣れた今、繰り返しの毎日に飽きはじめている。

今の生活で満足なんだけど、満足じゃない。

 

 

 

何か起きないかなって思ってる。

この毎日を変えたい。変えたいけどなかなか出来ない。

 

 

 

 

 

つまりは、恋がしたい。

 

恋の仕方教えて。